顔にホクロがあると脱毛できないの?


ホクロといえばメラニン色素の集合体ですね。多くの脱毛サロンで採用しているフラッシュ脱毛は黒い色素に反応して脱毛するという方法なので、残念ながらホクロに対しては照射することができません。誤って照射してしまったらヤケドなどの肌トラブルの原因となってしまうからです。
そのため一般的な脱毛サロンではホクロがある部分にシールを張るなどして隠してから施術を行っています。数が多いと少し大変ですが、ホクロがあるから脱毛はできない!というわけではないので安心してください。
ただシールで隠し切れないぐらいの大きさであったり、ホクロと同じぐらいの濃いシミがある、といった場合はそこを避けて施術することもあるそうです。またホクロから生えている毛に対しては脱毛ができないので注意してください。

 

ホクロは隠すなり避けるなりの方法がありますが、かなり黒く日焼けをしている場合は施術自体が不可能な場合があるので、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛を受けるときはしっかりとカウンセリングを受けるようにしてください。

 

ですがホクロのありなし、日焼けの濃さなどに関係なく脱毛できる方法があるんです。それがディオーネのハイパースキン法です。
こちらの脱毛法は高熱を発生させないため、メラニンのありなしに関わらず脱毛が可能です。なのでホクロを隠す必要もなく、シミや日焼けをしていてもそこを避けて施術する…なんてこともありません。
一般的な脱毛サロンでは心配であったり、断られた経験がある方は、ぜひディオーネのハイパースキン法を試してみてください!